「何のための工事なのか、誰のための工事なのか」

内装工事を仕事として引き受ける以上、利益を出す必要があります。しかし、10年以上この業界にいると、手掛けている工事の必要性について考えることがあります。
性格も影響しているかもしれませんが、最近は施主との打ち合わせで「本当にそれは必要ですか?」「その部分にお金をかけてもメリットは少なそうですよ。予算を他の部分に回した方が費用対効果が高いのでは?」と提案することが増えました。
押しつけがましくならないよう注意していますが、率直に意見を言うことが多いです。
そのため、性格が合わないと感じる人もいれば、時には怒られることもあります。

しかし、やる必要がないのであれば、やらなくても良いのではないでしょうか。
仕事が減り利益が少なくなる可能性はありますが、不要なお金を受け取ることに抵抗があります。
次も仕事を依頼していただけるかもしれないのなら、それで十分だと思っています。

代表 奈良田靖