住宅内装リフォーム

やっぱりお金はかかる?

内装は7〜10年が限界とされています。壁紙や床材は日焼けや摩耗で劣化します。また、住宅設備は15年を超えると様々な問題が生じ始める時期と言えます。
技術の進歩は速く、設備はすぐに新しい技術に置き換わります。そのため、「最新機種」と言っても、具体的にどれを指すのか分かりにくいことがあります。また、メーカーのカタログサイクルは年々短縮しています。
最新の製品は「流行をおさえたもの」であり、便利さが向上していることは理解していますが、本当にその便利さは必要なのでしょうか?日々の生活において、私個人はその便利な機能をほとんど使っていません。便利すぎて使いづらいと感じることもあります。しかも、最新の製品は価格が上がっていく一方です。建材価格も上昇傾向ですし、人件費も一昔前とは違います。コストダウンを図るにもいろいろと悩ましい時代になりました。
したがって、リフォームを計画する際には、見積もりが予想外に高額になることがあります。

内装リフォームは意外と自由なモノ

NRDplansは、依頼主との関係を大切にしています。希望するライフスタイルや価値観、予算感を理解した上で、徐々に話を進めていきます。内装リフォームの場合、「好み」と「理想」をできるだけ取り入れたいものです。しかし、多くの場合、予算を超えてしまうことになります。
そこで、私たちは店舗内装で磨き上げたメリハリの効いた提案を行います。内装は決まった形がなく、想像以上に自由度が高いのです。壁を抜く、角を丸くして境界を曖昧にする、隙間をつくって死角をなくす、これらは特段に難しいことではありません。また、コストカットが可能な部分は思い切ったご提案もします。持てる技術、養ってきた経験を惜しみなく発揮し予算に近づけるよう工夫を凝らしていきます。依頼主の想像を上回る理想のカタチを実現できるよう努力と手間は惜しみません。
まずは希望をぶつけていただき、どんなものが響いてくるのかを試してほしいと思います。

ちょっとした工事も

ちょっとした工事も材料と手間代でお請けしています。
たとえば、「棚を一箇所つけたい」「トイレに収納をつくりたい」「壁一面だけクロスを変えたい」「ペットハウスをつくりたい」「水栓を交換したい」などなど、ご要望にはなるべく明確で端的にお応えしております。端材等が使えればかなり安く済む場合もあります。
問い合わせフォーム、またはLINE公式アカウントからお気軽に問い合わせください。

請けられる工事内容

  • LGS
  • ボード
  • クロス
  • 木工事
  • CF、塩ビタイル
  • 建具
  • 造作家具
  • その他雑工
  • 電気設備、給排水設備、給排気設備、消防設備、など設備全般は協力会社(一部は弊社施工可能)
  • ガラス、サッシ、板金、カーペット等(協力会社)


問い合わせフォームへ

賃貸住宅原状回復

賃貸物件の内装がどこも一緒なワケ

賃貸住宅は供給過多になってきており、借り手市場になってきていると聞きます。賃貸オーナーも空室状況に頭を悩ませているかもしれません。築浅の物件は流行りを上手に取り入れるので借り手がすぐ決まります。一方、築古の物件はなかなか稼働率も上がらず、といった感じがあります。

弊社は賃貸の原状回復を請け負い工事をしています。いつも思いますが、どの案件に行っても代わり映えのない内装と設備、なんとなく時代に遅れている感が否めない間取り、立地と建物の規模は違いますが中身は同じようなものなので、時々、自分がどこにいるのかわからなくなります。
店舗内装というある意味華やかな現場をいくつも手掛けてきたので、賃貸物件はどうしても地味に見えてしまいます。「こだわっても仕方ない、それでも借り手はつく」だったのでしょう。ただ、今でもそうなのでしょうか?
「たかが内装屋がナニを偉そうに」と怒られてしまいそうですが、ここはひとつ穏便に。
賃貸物件の原状回復を請け負うと、大抵はクロスとCF(クッションフロア)の貼替えです。
クロスやCFの柄指定があるのはごく稀で、白系なら何でもかまわない、現況と同じようなもので良い、となります。工事する側からすれば、後に問題が起きるのが嫌なので施工性の良いもの、使い回しがきくもの、となってきます。結果、どこも同じような仕様になっていくのは理解できます。

直請け、下請けどちらでもお請けしています

店舗内装では内装で差別化を図ります。客単価で内装のグレードも変わります。分譲マンションや高級賃貸マンションも価格や賃料によってグレードが変わります。
では、一般的な賃貸住宅では何で差別化するのでしょうか。立地が主ですが、逆に言うと立地だけ、ともいえるでしょう。
弊社では以前から「店舗内装は商売をするための器と同じ」という考えでした。提供するものと器が合わないとチグハグな関係になってしまうからです。サービスとマッチして初めて内装は役に立つものになっていく、そう思っています。なので過剰なものや、逆に素っ気なさすぎるものは長続きするお店になっていかないと考えています。
賃貸物件も賃貸オーナーからすれば「商売するための器」と言えると思います。店舗も賃貸物件も同じ土俵にある、私たちはそう感じています。
賃貸物件は、これから借り手に選ばれるための工夫が必要だと考えられます。従来の「いつも通り」の原状回復工事から踏み出し、「少し現代風に変えた原状回復工事」へと舵を切る時ではないでしょうか。
NRDplansは、直請け、下請けどちらでもお請けしています。知識と経験を活かしたご提案を行います。

請けられる工事内容

  • LGS
  • ボード
  • クロス
  • 木工事
  • CF、塩ビタイル
  • 建具
  • 造作家具
  • その他雑工
  • 電気設備、給排水設備、給排気設備、消防設備、など設備全般は協力会社(一部は弊社施工可能)
  • ガラス、サッシ、板金、カーペット等(協力会社)


問い合わせフォームへ